前回はおしゃれなマスクとピッタリなヘアアレンジについてご紹介しました。そこで今回は、実際にwithマスクヘアスタイルを上手につくるワンポイントを美容師さんに聞いてきました!コツをつかめば、おしゃれなマスク美人ヘアスタイルもカンタン!ぜひトライしてみてください♪

目 次

1. くるりんぱ、上手にできるコツを教えます♪
2. 巻き髪ハーフアップアレンジのポイント、教えます♪
3. 後れ毛がポイント。上品な低めお団子の作り方、教えます♪
4. withマスクヘアスタイルで抑えたいポイント!

マスクスタイルワンポイント

1くるりんぱ、上手にできるコツ、教えます♪

お洒落にくるりんぱしたつもりなのに、なんか違う!美容師さんみたいに上手にできない!そんなお悩みを抱えている女性も多いと思います。私も何度かチャレンジしたことがあるのですが、実は一度も満足いくお洒落なくるりんぱができたことがないのです(泣)。
実は、とっても簡単な一手間で仕上がりが全然違うのだそう。失敗しないくるりんぱのポイントを美容師さんに教えていただきました♡

くるりんぱ1

①上からまっすぐ毛束を割らず、斜め上から束ねたゴムに向かって指で地肌をなぞるように毛束を割るようにすると、地肌が見えない綺麗な仕上がりになりますよ♡

くるりんぱ2

②くるりんぱをしたら、結んだゴムが上がるように毛束の裾を持ってキュッと持ち上げます。

くるりんぱ3

③次に片手でゴムを抑えながら、髪を少しずつほぐしながら引き出し、整えたら出来上がりです♪

くるりんぱ完成

巻き髪ハーフアップアレンジのポイント、教えます♪

巻き髪ハーフアップアレンジ完成

実は、この髪型、ゴムを使わずピンだけで留めているんですよ!トップの部分もくるっと夜会巻きニュアンスで、素敵ですね♡コチラも作り方とコツを聞いてきたので、是非チャレンジしてみてください^^

巻き髪ハーフアップアレンジ1

①輪郭にそってトップ位置を決め、耳の上辺りから毛束をとります。波を打って毛束を取ることで、真っ直ぐ取るよりも、地肌が見えたりしないのでオススメだそうです!

巻き髪ハーフアップアレンジ2

巻き髪ハーフアップアレンジ3

②ねじりながら頭の後ろでまとめ、ねじり終わり部分を手で押さえながら、ピンをさして固定します。さす位置は、手元の、下から上、横、上から下をメインに、崩れないよう留めます。

巻き髪ハーフアップアレンジ4

③リボンアクセサリーをつけて完成♡実はこのリボンアクセサリーは、マスクのゴムをフックする留 め具が付いているので、耳が痛いときは使いたい優れものです^^

おくれ毛がポイント♪上品な低めおだんごの作り方、教えます♪

巻き髪を作ったら、後れ毛を残して、手ぐしでまとめて低いお団子を作りますよ〜〜♪♪

おだんご1

①後れ毛を残していきます。ポイントは、耳上もみあげの位置から少量、うなじの方から少量、左右2箇所ずつをとり分けて下ろします。この際、後れ毛の量が多くなりすぎないように注意してくださいね。

おだんご2

②手櫛でまとめて低めのポニーテールを作ります。

③トップの髪をつまみながら引き出し、ほぐしならす。

④毛束をねじりながら丸めてお団子を作る。

⑤ピンで固定します。

おだんご3

⑥後れ毛を巻いて顔まわりにふんわり流れを作ります。

おだんご4

⑦仕上げにヘアアクセサリーをつけて完成♡こちらのストーンヘアアクセサリーも、マスクの紐をかけるフックが付いているので、耳が痛くなる方は是非使ってみてください!

With マスクのヘアスタイルで気をつけたいこと

マスクをしていると、どうしても顔の半分以上が隠れてしまいます。出ているお顔の部分は出来るだけスッキリとみせることがモッタリした印象にならないポイントです!今回ご紹介した、くるりんぱも、ハーフアップも、お団子も、おくれ毛やフェイスラインにかかる毛の量を多くしすぎないように、耳の上あたりでピンを使ってスッキリ落ちてこないようにまとめてください。前髪もぱっつんと下ろすより、横 にふんわりと流すなど動きをつけてお顔が隠れすぎないように気をつけるとスッキリとした印象になります。どれも、マスク美人を作るための基本なので、是非このポイントにも気をつけて秋のwithマスクヘアアレンジを楽しんでくださいね♪♪

関連 URL :ロングさんのヘアアレンジ〜だれない巻き髪のコツ〜

ボーノ相模大野 スタイリスト 小堀さん今回は、
イメージア ボーノ相模大野店
スタイリスト 小堀さん

にマスクに似合うヘアスタイルについて色々お聞きしました♪
笑顔が素敵でとても話しやすいトップスタイリストさんでした^^