美容に関することを様々なゲストにインタビューするIMAGE-Aの連載企画。初回のゲストは名古屋を中心にテレビやラジオ、CM、雑誌などでモデル・タレントとして活躍中の久保順子さん。第一回目となる今回は久保さんの美容院にまつわるエピソードについて聞いてみました。

sample-01

久保 順子
ファッションモデル・タレント。徳島県出身。セントラルジャパン所属

Q:どのような美容室が理想ですか?
A:提案される方が好きですね。正直、美容の情報に関しては知識が浅いと思うんですね。なので美容師さんが、この秋はこのカラーがおすすめだよ、今はこの髪型がきているからちょっとだけレイヤーを入れておこうかなど、提案してくれる方がいいです。デザインに関しては提案型で、でもプライベートはそんなに聞いてこないところがいいです(笑)。
Q:というと美容師さんとの会話があまり好きじゃない?
A:いえ、会話自体は好きなので、聞かれたらなんでも答えるんですけど。シャンプーやカラーは担当の人が変わるじゃないですか。特に新しいスタッフが多いお店って一から会話が始まりますよね。それも楽しいし、お話することは好きなんですけど。できれば静かに穏やかにシャンプーやカラーは施術してもらいたいです。美容室にいる間は、ようやく自分のオフという貴重な時間なので静かに過ごせるのが理想です。

sample-02

Q:ずっと通っていた美容室はどういう基準で選んだのでしょう?
A:仕事のことを聞かれて説明するのって大変なので、仕事の関係者が通っているところや撮影で出会った美容師さんがいるところなど、そういうところにお願いしていました。
Q:仕事で出会った美容師さんにお願いする理由はなんですか?
A:気さくに提案してもらえます。例えば次シーズンに流行るであろうスタイルを教えてくれたり。正直、髪が長いとそんなに変化ってないじゃないですか。でもこのスタイルを維持するには定期的に通わないといけないですし。でも同じスタイルは飽きるんですよね。それに対して、少しの変化でも提案してくれるのってとても助かります。誰にも伝わらない、それこそ主人にも伝わらない髪型の変化を提案してもらって少しでも気分を変えられるというのが良くて通っていました。

sample-03

Q:今のところはお引っ越しをきっかけに変えたということですよね。
A:引っ越しして変えました。今のところは、きっかけは同じ事務所のモデルが通っていることでした。あと、子どもを一緒に連れて行けるんです。施術してもらっている間も、私が見られるときはもちろん見ているんですけど、シャンプーなどで席を離れるときに、空いているスタッフさんが面倒を見てくれるんです。美容室にいる間の2時間という長い時間でも子供がいやすいのでありがたいです。入口は事務所仲間で、もちろん提案型もあって、そういうのをクリアした上で尚且つ子ども連れでもOK。それが良くて今のところに通っています。

次回第2回へ続く